2012年06月30日

卓分け方法試案。

 交流会での卓分け方法について、とりあえず次のような方法でいきたいと考えています。
開会式において、以下の卓分けを行う。
1.GM参加者とボードゲーム持ち込み者が前に出て、各人2分程度で勧誘アピールを行い、希望人数を伝える。
  (GM参加者は、TRPGのシステムや、その日のシナリオなどについて)
  (ボードゲーム持ち込み者は、その日遊びたい、イチオシのタイトル他について)

2.役員の司会により参加者が、TRPG(GM個別)、ボードゲーム(一括)のどれに参加したいかを挙手する。

3.全員が挙手した結果、GMが希望する範囲内の参加者が得られたTRPG卓は成立とする。

4.司会は、GMの希望人数と挙手数を比較し、人数の不足および超過が発生している場合、参加者に2回目あるいは3回目の挙手をお願いする。

5.どうしても希望人数に達しないTRPG卓は不成立とし、その卓のGMおよびその卓を希望した参加者は別のTRPG卓に編入されるか、ボードゲーム卓に加わる。

6.すべてのTRPG卓について、成立・不成立が決定した段階で、ボードゲーム卓の人数を確定する。その後、持ち込まれたゲームのプレイ人数を勘案して必要があればボードゲーム卓を2ないし3に分割する。

7.開会式終了後に来場した参加者は、原則としてボードゲーム卓に加わる。

※ボードゲームを一括して「ボードゲーム卓」として「TRPG卓」と同様に取り扱い、可能な限り不成立卓が発生しないよう、役員が参加者にご協力をお願いするスタイルです。
posted by 秋芳 at 23:30| Comment(0) | 卓分け方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: